40代で転職失敗!無職からの再起方法【再就職はできる!】

転職失敗40代無職からの再起 転職
  • 40代で転職に失敗して無職になってしまった
  • 40代無職から正社員での再就職は厳しい?
  • 何から手を付けていいのか分からない

この記事では40代で転職に失敗して無職になってしまったあなたに、同じく転職に失敗して無職のどん底から社会復帰を果たせた私が「40代無職が転職を成功させるコツ」を伝授します。

確かに40代の転職は20代30代の転職より厳しいものです。(まして無職ですから)
しかし、40代無職からでも転職は絶対に可能です!

最後まで読んで「明日からどうなるの?」という先の見えない不安から解放されましょう!

40代の無職でも転職できる理由

40代で転職に失敗して無職になって絶望しているあなたに朗報!

ネットで調べても「40代からの転職や再就職なんて無理!」「何10社も落とされて絶望」など暗い情報がたくさん出てきます。
確かに40代で転職に失敗してしまい無職になってしまうと次の仕事を探すのに苦労するかもしれません。

でも諦めるのはちょっとまって!

多少の妥協は必要になるかもしれませんが、自分が企業に何を提供できるかを見極めれば、40歳を過ぎても転職できる可能性は十分あります。

40代で転職に失敗して無職になっても再就職できる理由は以下の通りです。

時代の流れから40代でも構わないという企業が増えている

少子化の影響で働き手自体が減っており、即戦力になる人材なら40代でも構わないという企業が増えてきています。

さらに高齢化の影響もあり、40代はまだまだ働ける年齢です。
40代で入社して定年まで居れば20~25年近くは働けます。

長期的な視点でみた場合でも40代なら十分貢献できると判断してくれる企業も沢山あります。

コミュニケーションの面で調度良い年代

転職すると新しい会社で元からいる社員と一から人間関係を築いていくことになります。

40代ならまだなんとか20代の若い社員とのコミュニケーションを取ることが可能です。
また逆に上の年代(50~60代)のベテラン社員ともコミュニケーションを取れるので重宝されます。

社内のコミュニケーションという面で見た時、40代という年齢は決して不利にはなりません。

特に20代の若手社員と50~60代のベテラン社員ばかりで、中間にあたる年代が少ない会社では潤滑油的な存在として重宝されます。

40代無職が転職を成功させるコツ

↑にも書いた通り40代無職からでも転職は可能です。
諦める必要は全くありません。

とはいうものの20代や30代の転職に比べると難しいのは間違いありません。
転職を成功させるためにもポジティブさは必要ですが、無策で挑むのは非常に危険です。

ここでは40代が無職からの転職を成功させるためのコツを紹介します。

企業が求めていることを知る

まずは企業が40代から入ってくる社員に何を求めているか知るところから始めましょう。

企業が求めているものをあなたが持っているとしたら、必要以上に心配する必要もありません。
また、面接時にピンポイントでアピールすることができるので非常に有利になります。

即戦力になれる資格や経験

やはりなんといっても40代の転職者に求めらるのは即戦力になる能力。

資格はもちろんですが、知識や経験、スキルなど、20代の若い社員にはない「すぐに会社に貢献できる」能力は非常に重宝されます。

企業側からすると、一から育てる手間やお金を節約できるメリットがあります。

応募先の企業で必要とされている知識や経験があるなら大きな武器になります。
ガンガンアピールしましょう。

管理職のスキル

管理職のスキル、いわゆるマネジメント能力も40代が企業から期待されるポイントです。
組織を創り、まとめる事ができるベテランの人材を必要としている企業はたくさんあります。

特にリーダー等の経験がある場合、強力な武器になります。
面接でも積極的にアピールしましょう。

若者には無い強いメンタル

40代の持つ経験に裏付けされたメンタルの強さも若者にはない魅力です。

プロ野球やサッカーでも敢えてベテラン選手を採ることがあります。
ベテラン選手にはチームが苦しい時にも折れない心の強さが求められます。

素直さ

転職先では年下が上司になってしまうこともあります。
その時に相手が年下であっても謙虚な態度で教えを乞う素直さが求められます。

ガンコでプライドの高い、扱いにくい40代は遠慮されるので気を付けてください。

選り好みしすぎないようにする

当然といえば当然ですが、20代や30代の転職よりは就職先が少ないのが40代の転職の現実です。

理想はあると思いますが、選り好みをしすぎて自分から選択肢を減らしてしまわないように注意しましょう。
業務内容や待遇面に多少の不満がある場合でも、積極的に面接に申し込んでみるべきです。

40代でも選り好みしすぎなければ求人は充分にあります。

40代に特化した転職サイトを利用する

40代に特化した転職サイトがあります。

企業側も40代だと分かって、敢えてその転職サイトに求人を出しているわけですから、少なくとも年齢で落とされるリスクは無くなります。

登録は無料です。

まずはどんな企業が募集しているのかだけでも確認してみましょう。
ズラリと並ぶ案件を見るだけでも「自分もまだ社会から必要とされているんだ!」と勇気が出ます。

40代に特化した転職エージェントを利用する

まずは第一歩として転職サイトへの登録をおすすめしますが、もっと積極的に転職成功を目指すなら転職エージェントを利用するのもおすすめです。

40代無職からの転職についても具体的なアドバイスを貰えるので成功する可能性もグンと上がります。

まとめ:転職に失敗した40代無職の未来は明るい!

40代無職再起可能

40代で転職に失敗してしまい無職になったからといって絶望する必要はありません!

あなたのスキルや経験を評価してくれる企業は絶対にあります。

そもそも少子高齢化の影響もあり、いまの40代はまだまだ若い!
スキルや経験があり、なおかつ後20年は働ける「優良な人材」として重宝されます。

企業が40代に何を求めているかを知ること、そしてより好みしすぎないこと。
また40代向けの転職サイトや転職エージェントを利用することで40代無職からの転職をより有利に進めることができます!

以上、「40代で転職失敗!無職からの再起方法」でした。

初めての転職が怖いときの5つの対処方法【恐怖に震えた管理人直伝】
https://ywkt-ng.com/scared-first-job-change/

タイトルとURLをコピーしました