転職に失敗して無職になったときの5つの復活方法【もう一度立ち上がろう!】

転職失敗無職の復活方法 無職
  • 転職に失敗して無職になってしまった・・・

この記事では、転職に失敗して無職になってしまったあなたへ、転職3回、1年以上の無職経験もある私が「転職失敗で無職からの復活方法」を伝授します!

転職に失敗して、毎日が不安でこれからどうすればいいのか分からないあなたは最後まで読んで、もう一度立ち上がりましょう!

転職に失敗して無職になってしまったときの復活方法

転職に一度や二度失敗したくらいで人生が終わるわけではありません。
転職に失敗して無職になってしまったときの復活方法は以下の通りです。

まずは焦らず落ち着く

まずは焦らないこと。
失敗しても絶対に焦らないでください。

転職先が決まらないのも失敗ですが、焦って「どこでもいいや!」と決めた転職先がブラック企業だったり、思っていたのとまったく違う仕事だったりも「失敗」です。

無職になって焦る気持ちは分かりますが、その焦りがあなたの一番の敵です。
こんな時だからこそ冷静になってください。

生活するためのお金を確保する

生活するためにはお金が必要です。
現実は転職に失敗して無職になった人にも容赦してくれません。

とりあえず転職先が決まるまでどうやって生活のお金を確保するかを考えましょう。

失業保険を貰う

前にいた会社からもらった離職票を持ってハローワークにいけば失業手当がもらえます。
離職票をもらっていない人や無くした人は会社に問い合わせて発行(再発行)してもらいましょう。

短期のアルバイトをする

転職先が決まるまでの期間限定で短期のアルバイトをすることも検討してください。
あくまでも転職先が決まるまでの一時的な対処なので、フリーター生活にどっぷりハマらないように気を付けてください。

派遣の仕事をする

アルバイトよりおすすめなのが派遣社員として働くことです。
アルバイトより時給の相場が高く、正社員へに繋がる可能性もある働き方です。

もう一度立ち上がる

失敗したからといって簡単に諦めてはいけません。
勇気を出してもう一度立ち上がってください。

私も2回転職で失敗して無職を経験しましたが、3度目の転職で成功して今もどうにか生きています。

もし自力で転職して失敗したのであれば、次は転職のプロに頼ることも検討しましょう。

転職のプロに頼る

1人でやってみて失敗したのであれば、次は転職のプロに頼ってみましょう!

私も1回目、2回目の転職は自力でやりました。
転職先自体は比較的早く見つかりましたが、どちらも絵に描いたようなブラック企業で結局3回目の転職をすることになりました。
3回目は「転職サイト」「転職エージェント」を利用して、かなり理想に近いホワイト企業に入ることができました。

転職は自力でもできますが、よほどしっかりと戦略を練らないと失敗する可能性は非常に高くなります。

もちろん転職サイトや転職エージェントを利用したからといって100%成功するわけではありません。
しかし間違った転職活動をしてしまうリスクはほぼ0にすることができます。

特に無職から脱出する必要があり、積極的に転職活動をしたいなら転職エージェントを利用しましょう。
年収アップ、キャリアアップ、年間休日アップなど、あなたが転職で実現したいことを伝えればあなたに最適な求人情報を提案してくれます。

妥協することも検討する

理想の高さが失敗の原因になることがよくあります。
給料も休日も場所もなんでもかんでも求めすぎて、企業を選り好みしすぎていなかったかをもう一度考えてみてください。

妥協できる部分は妥協してみることも大切です。

妥協するときのコツは以下の2点を明確にすることです。

  • どうしても譲れない条件は何か
  • 譲ってもいい条件は無いか

どうしても譲れない部分まで妥協してしまうと、転職する意味がなくなってしまいます。
かといって「それほんとに必要?」なところまで必須条件にしてしまうと、受ける企業の数が減ってしまいます。
またその残された企業は応募が殺到するので競争率も上がってしまいます。

自分が転職する目的をもう一度よく考えて、妥協できる部分は妥協することも検討しましょう!

まとめ:失敗しても動き続けよう!

失敗しても立ち上がる!

転職に失敗して無職になったら、まずは焦らずに落ち着くこと!

焦りは新たな失敗を生み出します。
とにかく落ち着いて、まずは生きていくためのお金を確保しましょう。

そして必ずもう一度立ち上がってください!

転職のプロに頼ってもいいし、妥協を検討するのもいいでしょう。
とにかく諦めないで、動き続けることが大切です!

以上、「転職に失敗して無職になったときの5つの復活方法」でした。

タイトルとURLをコピーしました