仕事を辞めるべきかどうかの判断基準とは

  • 辞めた後「やっぱり辞めなければよかった・・・」と後悔したくない
  • 今より良い条件の会社に転職できるとは限らないから心配

人は後悔したくない生き物。
辞めるか辞めないかで迷うのは人間として当然のことです。

人には防衛本能があり、変化を避けるようにできています。
誰もが無意識に現状を変えたくないと思っているのです。

本能に逆らうわけですから、背中を押してくれる判断基準が欲しいと思うのも当たり前のことです。
いくら人それぞれとは言え、ある程度客観的な判断基準があったほうが安心ですよね。

もしあなたが仕事を辞めるべきかどうかで迷っていて、判断基準を知りたいなら、この記事を最後まで読んでみてください!

辞めたほうがいい場合

下記の辞めたほうがいい場合にいくつか心当たりがあるなら、思い切って転職するのもアリでしょう。

今の仕事を続ける明確な目的が無い

今の仕事を続ける目的はなんですか?
すぐに答えられますか?

すぐに答えられるような明確な目的が無く、迷っているくらいなら辞めどきかもしれません。

そして自分の目的のためではなく、会社のために働かされているようならどちらにしろ長続きはしません。

今の仕事を続けるメリットよりデメリットのほうが大きい

また、仕事を続けるメリットとデメリットを比較した時、デメリットのほうが大きいなら思い切って転職を検討するべきです。

こういう時は頭の中で考えるのではなく、実際に紙に書いてみることをおすすめします。
自分がどうしたいのか、視覚的に確認することができ、頭の中が整理されとてもスッキリします!

職場がブラック企業

ブラック企業は今すぐ辞める案件です。
明らかなブラック企業ならズルズル残ってもいいことはありません。
私はズルズル働き続けて計10年近く無駄にしてしまいました・・・。

辞める以外の改善案がない

辞めたいと思うきっかけは何だったか今一度考えてみてください。
これも紙に書き出してみると頭の中を整理できるのでおすすめです。

そしてそれらの原因は辞めないでも解決できることなのか、それとも辞めることでしか解決できないのか、じっくり考えてみましょう。

転職先の目処が立っている

そして何より、転職先の目処が立っているかどうかも重要です。
特に既婚者は家族の生活がありますから、目処も立っていないのに、勢いだけで辞めることはできません。

辞めないほうがいい場合

やみくもに退職を進めているわけではありません。

もちろん辞めないほうがいい場合もあります。
今の仕事がどちらに当てはまるのか、今一度じっくり考えてみましょう。

今の仕事を続ける明確な目的がある

目的を持って仕事に取り組めるということはとても幸せなことです。
今の仕事を続けて実現できそうな明確な目的があるなら辞めずに続けるべきです。

会社のためではなく、自分のために働けているかどうか、今一度考えてみてください。

今の職場に残るデメリットよりメリットのほうが大きい

また、辞めないメリットのほうがデメリットよりも大きいなら辞めずに続けてみるべきです。

  • 辞める以外にも改善案がある
  • 辞めるかどうか悩んでいる原因は絶対に辞めないと改善できないことでしょうか?

    上司に相談してみたら意外とすんなり改善できた!というパターンもあります。

    辞める以外の改善案があるなら、まずはそちらを試してみるのもアリです!
    原因が改善されれば危険を冒してまで辞める必要はなくなります。

    転職の目処が立っていない

    転職の目処が立っていない場合も無理に辞めないほうが良いでしょう。
    ただどうしても「辞めたい」という気持ちが強いなら、自分から動いて目処を作るしかありません。

    「何から手を付けたらいいのか分からない!」というあなたは、まずは転職サイトに無料登録してみましょう。

    登録しておくべき転職サイト

    私のおすすめの転職サイトはリクナビNEXTです。
    もし転職サイトの利用が初めてならここに登録しておけば間違いありません。

    登録もカンタンでもちろん無料!
    特に手間もかかりませんので、デメリットはありません。
    大手なので求人案件も多く、安心して利用できる転職サイトです。

    辞めるか辞めないか、どうしても決められないなら

    どうしても決められないというあなたは以下の方法を試してください。

    有給休暇を取得して休んでみる

    有給休暇を取って少しゆっくりしてみてください。
    あなたには自分の心の声を聞く時間が必要です。

    結局答えは自分の中にあります!

    もちろん「すんなり有給休暇を取れるかどうか」も大きな判断基準になりますね(笑)

    職場以外の人に客観的な意見を聞く

    答えは自分の中にあると言いましたが、どうしても自分で答えを見つけられない場合は第三者の意見も聞いてみるべきです。

    同じ職場以外の人から聞くことが重要です。
    同じ職場の人達ああなたが辞めることを快く思わない場合もあるので、客観的な意見が聞けません。

    あなたが辞めても影響のない人からの意見が真の「客観的な意見」になります。

    もう一度自己分析をする

    しつこいようですが結局答えは自分の中なのです。
    というわけでもう一度じっくり自己分析をしてみてください。

    辞めたい理由、辞めたくない理由、辞めるメリット・デメリット、辞めないメリット・デメリット、働く目的などなど・・・

    思いつく限り、紙に書き出してみてください。
    メモ帳アプリではなく、実際に紙とペンで書き出すことが重要です。

    ゴチャゴチャになった頭の中を一度整理しましょう!

    まとめ

    答えは自分の中にあります!
    一度頭の中を整理して答えを出してみてください。

    失敗を恐れて何もしないことが一番危険です。
    結果、仕事を辞めることになっても、逆に辞めなかったとしても、今じっくりと考えてみることが大事なのです。

    まだ大丈夫!が一番危険!

    あなたは「まだ大丈夫!」なんて思っていませんか?
    実はその「まだ大丈夫!」が一番危険なサインです。

    本当に大丈夫な人からは「まだ大丈夫!」なんて言葉は出てきません。
    身体、または心のどこかで限界を感じているから「まだ大丈夫かな?」と自問自答してしまうわけです。

    このままストレスと疲労が積み重なり、限界に達すると気力が無くなります。
    もちろん「現状を変える気力」も無くなってしまいます。

    そうなると転職する気力どころか、転職サイトに登録する気力さえ無くなってしまうのです。

    今の状況が当たり前になり「絶対に辞めてやる!」という気持ちも無くなり、何の疑問も持たず惰性で働き続けるようになります。
    そして何も解決していないのでストレスと疲労は溜まり続けます。

    今すぐ転職するつもりがなくても、まだ気力も判断力も残っている今のうちに転職サイトに登録しておきましょう!

    登録するとあなたの条件に一致した求人情報がメールで送られてきます。
    気になる求人情報をストックしておけば、本当の限界が来たときに「転職する」という選択肢を選ぶことができます。

    登録する転職サイト「リクナビNEXT」にしておけば間違いありません。
    大手なので求人数も多く、登録・利用はもちろん無料です!

    気力も判断力も残っている今のうちに登録しておきましょう!

    転職・退職
    スポンサーリンク
    人生フィルダースチョイスをフォローする
    人生フィルダースチョイス
    タイトルとURLをコピーしました